【最新版】四天王寺中学校の評判が良いこと8つ

四天王寺中学校の評判の良いところ中学受験

大阪の中学受験を検討するうえで、人気の高い四天王寺中学校の評判の良いことを、まとめました。

女子校である

四天王寺中学校は、女子校であり、女子しか受験できません。
そのため、中学、高校の6年間は、ずっと女子だけの学校で過ごすことになりますが、そのおかげで、少なくとも校内では恋とは無縁にあり、勉強にうちこむことができます。
また、環境面でも、女性しかいないことから男性の目を気にせず過ごせず快適に感じる生徒も多いでしょう。 
また、一般的には女子校の方が、学校がきれいに保たれていると言われています。
また、女性しかいないことから、イベントなどで、男性にリーダーシップを取られがちな共学校に比べて、女性がリーダーシップをとる機会が増えて、しっかりした人間に育つ可能性があるメリットもあります。
四天王寺中学校、京都女子中学校、神戸女学院の3校で、一部の人の中では、関西女子御三家と呼ばれることもあります。

偏差値が高い(女子校で大阪トップ)

2021年の日能研R4偏差値表によると、下表の通りになります。
比較対象として、高槻中学校は、A日程が偏差値62で、B日程が偏差値65でした。
女子校としては関西トップですし、共学校と合わせても、難関校に位置付けられます。
四天王寺中学校としたら、医志コースと英数Sコースは、高槻中学校より偏差値が上で、英数コースなら、高槻中学校よりも下ということになります。

コース偏差値
医志コース67
英数Sコース65
英数コース58

受験は1回のみのチャンス

高槻中学校であれば、A日程、B日程のように2回受験のチャンスがあります。
また、金蘭千里中学校であれば、前期、中期、後期と3回受験のチャンスがあります。
多くの学校が複数受験できるのに対し、四天王寺中学校は、1回のみの受験となっています。
その影響で、他の学校の受験機会が多く、併願校の検討も重要になってきます。

立地が良い

地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」4番出口から徒歩5分です。
JR天王寺駅から徒歩10分という好立地です。
大阪の中心付近にある学校なので、大阪の北の方、南の方、神戸、京都、奈良 等、幅広い場所から通学が可能です。

クラブ活動が盛んである

一部のスポーツ系のクラブは、スポーツ推薦の人のみの活動となっていますが、文科系のクラブ活動を中心に活発です。
7割程度の生徒がなんらかのクラブ活動に入っているようで、コーラス部、ダンス部などは活動が活発だと言われています。
化学部、自然科学(天文物理班)、自然科学(生物班)など、理科系のクラブ活動なんかも優秀な成績をおさめています。

医学部医学科への合格人数が多い

2020年の大学入試実績で、国公立と私立を合わせた医学部医学科合格者数で、全国の高校でトップという実績を取りました。
この年は、国公立の医学部医学科でも4位でした。すごい実績です。
医学部に強い四天王寺中学校のイメージがすでに定着しています。
医学部を目指す生徒が集まっているので、医学部を目指す生徒にとっては、良い環境かと思います。

仏教精神に基づく学校である

聖徳太子さまの「和のご精神」を堅持している学校です。
毎朝の朝拝時には、仏教聖歌を歌い、般若心経を一日おきに読誦する機会があり、その流れで1分間の瞑想もあります。
さらに、週1時間「仏教」の授業が行われるのも特徴です。

コミュニケーション能力アップへの取り組み

コミュニケーション能力アップへの取り組みが活発な学校です。
今、医学部の入試に面接が取り入れられている学校があり、そこでもコミュニケーション能力が重視されていると言われています。
四天王寺中学校の行事として、各クラスで班ごとに取り上げるテーマを決め、グループワークを行い討議を重ね、パワーポイントの作品をつくり込み、それぞれ発表しあうという「中3平和学習プレゼンテーション」や、英語の暗唱大会など、人前で発表する機会が多いのも四天王寺の特徴です。
ただ学力をつけるだけでなく、社会で活躍できる人材をつくるのが四天王寺の教育だと思います。

そらとび
そらとび

四天王寺中学の記事は、他にもあるから見てみてね。

タイトルとURLをコピーしました