【最新版】四天王寺中学の倍率推移|過去の入試結果分析|医志コースの倍率推移

四天王寺中学の合格倍率の推移中学受験

四天王寺中学の過去の入試結果で、合格倍率の推移がどうだったのかをまとめています。
合格難易度(偏差値)が低下傾向にあると言われている四天王寺中学ですが、本当なのか検証してみます。

四天王寺中学校の過去の入試結果

2021年(令和3年)

医志コース、英数Sコースに出願した場合、もし不合格だったとしても、下位コースである英数コースの併願合格最低点を満たしていれば、英数合格の合格通知が与えられます。
ある意味、1つの学校を受験しているにもかかわらず、同時に滑り止めにもなるという受検者にありがたい受験制度です。

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数S
コース
英数
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース281点227人96人4.2倍
英数Sコース264点155人57人3.7倍
英数コース
(医志変更合格)
238点(131人)83人1.6倍
英数コース
(英数S変更合格)
238点(98人)45人2.2倍
英数コース
(併願)
238点21人5人2.4倍
英数コース
(専願)
220点316人160人2.0倍
文化・スポーツ262点18人18人1.0倍
  • 英数コース(医志変更合格)の受験者数は、医志コースの受験者227人から、医志コース合格者96人を引いた人数で131人としています。 
  • 英数コース(英数S変更合格)の受験者数は、英数Sコースの受験者155人から、英数Sコース合格者57人を引いた人数で98人としています。
  • 文化スポーツコースの点数は、業績、実技点も加点されているため、他のコースと単純比較できません。
  • 点数は、全コース400点満点です。

2020年(令和2年)

医志コースに出願した場合、もし不合格だった場合でも、英数Ⅱコースの合格最低点を満たしていれば、回し合格(変更合格)がもらえます。 さらに、その点数を下回っても、英数Ⅰコースの合格最低点を満たしていれば、これもまた回し合格(変更合格)がもらえます。
そのため、最初から英数コースを受験する人よりも、無謀でも医志コースに出願する人が続出しました。

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース299点547人93人5.9倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
266点(454人)185人2.5倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
230点(269人)178人1.5倍
英数Ⅱコース266点189人30人6.3倍
英数Ⅰコース230点(159人)69人2.3倍
文化・スポーツ269点21人21人1.0倍
  • 英数Ⅱコース(医志変更合格)の受験者数454人は、医志コース受験者数547人から、医志コース合格者数93人を引いた人数です。
  • 英数Ⅰコース(医志変更合格)の受験者数269人は、医志コース受験者数547人から、医志コース合格者数93人と、回し合格で英数Ⅱコースに合格した185人を引いた人数です。
  • 英数Ⅰコースの受験者数159人は、英数ⅠⅡコース受験者数189人のうち、英数Ⅱコース合格者30人を引いた人数です。
  • 文化スポーツコースの点数は、業績、実技点も加点されているため、他のコースと単純比較できません。
  • 点数は、全コース400点満点です。

2019年(平成31年)

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース271点502人82人6.1倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
228点(420人)190人2.2倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
190点(230人)150人1.5倍
英数Ⅱコース228点172人30人6.3倍
英数Ⅰコース190点(142人)79人1.8倍
文化・スポーツ261点21人21人1.0倍
  • 英数Ⅱコース(医志変更合格)の受験者数420人は、医志コース受験者数502人から、医志コース合格者数82人を引いた人数です。
  • 英数Ⅰコース(医志変更合格)の受験者数230人は、医志コース受験者数502人から、医志コース合格者数982人と、回し合格で英数Ⅱコースに合格した190人を引いた人数です。
  • 英数Ⅰコースの受験者数142人は、英数ⅠⅡコース受験者数172人のうち、英数Ⅱコース合格者30人を引いた人数です。
  • 文化スポーツコースの点数は、業績、実技点も加点されているため、他のコースと単純比較できません。
  • 点数は、全コース400点満点です。

2018年(平成30年)

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース308点459人77人6.0倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
269点(382人)193人2.0倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
236点(189人)126人1.5倍
英数Ⅱコース269点141人26人5.4倍
英数Ⅰコース136点(115人)49人2.3倍
文化・スポーツ255点21人21人1.0倍

2017年(平成29年)

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース227点402人75人5.4倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
194点(327人)170人1.9倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
166点(157人)114人1.4倍
英数Ⅱコース194点89人20人4.5倍
英数Ⅰコース166点(69人)38人1.8倍
文化・スポーツ215点21人21人1.0倍

2016年(平成28年)

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース293点456人65人7.0倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
254点(391人)128人3.1倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
215点(263人)175人1.5倍
英数Ⅱコース254点123人8人16.0倍
英数Ⅰコース215点(115人)41人2.8倍
文化・スポーツ209点20人20人1.0倍

2015年(平成27年)

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
文化・
スポーツ
倍率
医志コース292点424人66人6.4倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
260点(358人)113人3.2倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
225点(245人)146人1.7倍
英数Ⅱコース260点157人12人13.1倍
英数Ⅰコース225点(145人)66人2.2倍
文化・スポーツ198点20人20人1.0倍

2014年(平成26年)

2014年より医志コースを新設して、医歯薬系大学に志望の優秀な受験生の囲い込みに成功したのではないでしょうか。

コース合格
最低点
受験
者数
医志
コース
英数ⅠⅡ
コース
倍率
医志コース312点354人47人7.5倍
英数Ⅱコース
(医志変更合格)
274点(307人)101人3.0倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
230点(206人)148人1.4倍
英数Ⅱコース274点192人24人8.0倍
英数Ⅰコース230点(168人)80人2.1倍

2013年(平成25年)

コース合格
最低点
受験
者数
英数Ⅱ
コース
英数Ⅰ
コース
倍率
英数Ⅱコース270点557人198人2.8倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
227点(359人)233人1.5倍
英数Ⅰコース227点29人5人5.8倍

2012年(平成24年)

コース合格
最低点
受験
者数
英数Ⅱ
コース
英数Ⅰ
コース
倍率
英数Ⅱコース269点562人203人2.8倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
223点(359人)235人1.5倍
英数Ⅰコース223点30人10人3.0倍

2011年(平成23年)

コース合格
最低点
受験
者数
英数Ⅱ
コース
英数Ⅰ
コース
倍率
英数Ⅱコース262点587人195人3.0倍
英数Ⅰコース
(医志変更合格)
227点(392人)222人1.8倍
英数Ⅰコース227点23人15人1.5倍

医志コースの合格倍率推移

医志コースが設立された初年度は、合格倍率7.5倍と高倍率で、年々減少傾向にありますが、これは、高倍率になることにより、受験を回避する受験生が増えたという心理的な面が大きいと思われます。
ただし、2021年に大きく倍率が下がったのは、同じ四天王寺中学に、英数Sコースが新設されて、偏差値の高い受験生が、英数Sコースに一定数流れたからだと思われます。
もともと医志コースは入学時は1クラス分の人数を想定していましたから、医志コース1クラスに加えて、英数Sコース1クラスで、2クラス偏差値の高いクラスを作ったことになります。
合格倍率が下がって、医志コースの合格がしやすくなったというのは事実だと思います。

医志コースから英数Ⅰへの回し合格の倍率推移

医志コースを受験すると、医志コースに落ちても、英数コースの合格最低点をクリアできていれば、英数コースの回し合格(変更合格)がもらえます。 
これが、1校受験するだけで、実質 滑り止めにもなり受験生に優しい制度になっています。
では、その回し合格がどれぐらいの倍率になっているか確認したグラフです。
医志コースができた2014年から2020年まで7年間は、安定して1.5倍前後で高い合格率を保っていましたが、2021年に2.2倍とやや高めの合格倍率になって、回し合格も滑り止めといえども安心できない水準になりました。
これは、2021年から英数コースの専願受験が可能となり、専願で受験すると、合格最低点が10点程度低く設定され、結果的に、回し合格の合格率が下がる結果につながりました。

まとめ

四天王寺中学校の医志コースの合格倍率は、2021年に下がり、以前よりも入りやすくなりました。
それは、2021年に設立された英数Sコースの新設で、医歯薬系志望ではない理数系女子生徒を、うまく英数Sコースに誘導した 四天王寺中学校側のうまい戦略によるもので、結果的に、四天王寺中学校にあ偏差値の高い女子生徒を集める結果となり、さらなる大学進学率の良化が期待できる。

そらとび
そらとび

四天王寺中学の記事は、他にもあるから見てみてね。

タイトルとURLをコピーしました