【考察】高槻中学の繰り上げ合格はいつどのように選ばれるのか

高槻中学の繰り上げ合格中学受験

高槻中学を受験した生徒の繰り上げ合格は、どのように選ばれて、いつ連絡がくるのでしょうか。
気になる人も多いと思いますので、一部想像もありますが紹介したいと思います。

高槻中学の繰り上げ合格についての公式見解

高槻中学の令和4年入試試験要項には、下記記載があります。
公式に発表されていることはこれだけというのが実情です。

入学手続き状況により、繰上げ合格者発表を行うことがあります。
これに関する案内は、本校から電話で行います。
繰上げ合格に関する問い合わせには、一切応じません。

高槻中学の令和4年入試試験要項

高槻中学の繰り上げ合格の連絡タイミング

過去のネット上の繰り上げ合格の喜びの声は、さまざまなタイミングの事例が報告され、早い人で試験の数日後、遅い人で2月の中旬という事例もあります。
早い事例については、単純に大阪星光学院、洛南、西大和学園などの併願校として受験していた人たちが、入学辞退するタイミングでしょう。
遅い事例として、毎年 受験と合格発表のタイミングが遅い大阪教育大学附属池田中学校の合格で、高槻中学を辞退する人が最後だと思います。 それが1月末~2月上旬です。

よく制服採寸の準備登校日までが、繰り上げ合格のリミットだと思う方がいるかもしれませんが、過去の事例を見ると、準備登校よりも後に追加合格をだしているようなので、その辺りはあまり関係ないと思いますが、実際はたしかに準備登校の前(1月20日前後)に追加合格の連絡をする場合も多いようです。

繰り上げ合格は、1~3点足りない場合が多い

塾の模試の場合、灘志望の生徒、どの中学校を受けても受かりそうにない生徒、さまざまなレベルの人が受ける為、点数のバラツキが大きいですが、同じ高槻中学を受験する人は、ほぼみんな同じレベルの人が受験します。極端に出来の悪人や、極端に出来の良い人は存在しません。
そのため、合格最低点に1点足りない人というのは、複数人存在しております。
合格最低点付近では、同じ点数の人が10人ぐらい いるとも言われています。
追加合格をもらうような繰り上げ合格については、1点~3点ぐらい足りなかった人に与えられる場合が多いようです。
ただし、過去には5点不足でも繰り上げ合格の通知が来たとの情報もあります。

やや古い情報なので、現在どうか分かりませんが、繰り上げ合格させる生徒を決めるとき、「同点の受験生が多くいる場合、国語と算数の合計で決定する。」ということもしているようです。

A日程、B日程それぞれから追加合格を出す

過去のネット情報ですが、ある人に追加合格の連絡があったとき、「B日程から先に追加合格を出したので、遅くなって申し訳ありません」と言われたそうです。
その方は、A日程で繰り上げ合格したのですが、その時の連絡でそう言われたそうです。
つまり、同じ1点足りない繰り上げ合格予備軍の中でも、まずはB日程の1点不足の生徒から繰り上げ合格を出している可能性を示唆しています。

これは想像ですが、A日程よりもB日程の方が、高槻よりも難関と言われている中学校を受験している併願校としての受験生が多く、さらに、A日程でも高槻中学を受験して、2度目の挑戦としてB日程を受験している生徒もいます。
試験問題も、A日程よりもB日程の方が難しい問題を出題しており、同じ1点足らずでも、B日程の1点足らずの生徒の方がレベルが高いと判断して、B日程の方が繰り上げ合格の優先度を上げている可能性があると思います。(あくまで想像です)

繰り上げ合格が来たときの意思を決めておこう

繰り上げ合格の電話連絡が来たら、「返事は翌日まででもOK」と言われていますが、高槻中学側からすると、すぐ意思表示して欲しいと思うはずです。 その時の状況によっては、即答を求められる可能性も否定できません。 どちらにしても、入学するかの意思表示のリミットは、長くても1日しかありません。 落ちたと分かった後でも、親子で十分意思表示を確認しておきましょう。
あと、電話を常に取れる状態にしておいたり、なんらかの拒否設定(非通知拒否 等)になっていないかも十分確認しておきましょう。 おそらく非通知でかけてくることはないでしょうけどね。念のためです。

そらとび
そらとび

高槻中学の記事は、他にもあるから見てみてね。

タイトルとURLをコピーしました