【魅力的】灘中学校の評判が高い特徴13選

灘中学_評判中学受験

中学受験の世界では最高ランクの灘中学校ですが、なぜそれほどまでに人気なのでしょうか。
この記事は、灘中学校の評判が高い理由をまとめたものとなります。

(1)関西最難関の中高一貫校

関西でもっとも偏差値が高い最難関の中高一貫校です。
まさに名門中の名門です。
関西はもちろん、全国の秀才が灘中学校を受験しにきます。
灘の生徒は、ふつうのレベルでも東京大学、京都大学に進学できるレベルです。
上位から7割ぐらいの生徒が、東大、京大、医学部のどれかには進学するというすごさです。
大阪大学進学というのも、灘高生にとったら、下位レベルです。
東大合格者数については、毎年 開成高校と争っていますが、開成高校よりもだいぶ生徒数が少ない灘高校ですので、東大合格者数ではなく、東大合格率でいけば、開成よりも灘の方がだいぶ実績が上になります。

(2)男子校である

男子校なので、女子は受験できません。
男子校であるために、異性に煩わされずに勉強に集中することができます。
また、生徒同士の友情や絆が生まれやすいとも言われています。

(3)担任持ち上がり制による6年完全一貫教育

灘では中高6ヵ年完全一貫の教育システムをとっています。
入学とともに、各教科の担任6-7人が担任団を組み、卒業まで学年を持ち上がっていきます。
これによって六年間を見通したカリキュラムが可能となります。
6年間同じ先生が担当することで、生徒を熟知して、勉学・生活すべての点で、一人一人の個性に合わせたきめ細かい指導が可能となり、さらに、6-7人で一人の生徒をみていく多面的な指導を行っていくことが出来きます。

(4)授業の進度が早い

授業の進度は速く、中3で高1の課程を終え、高2で高校の課程を終了します。
単に速いだけでなく、従来の課程を復習しつつ進むらせん的な学習や、考える力を養う幾何の学習、理科での実験重視など、学びの深さを大事にしてます。
中2の時点から、高校分野の内容も織り交ぜて授業を展開するので、中学生にして、かなり高校生の授業を先取りします。

(5)自主性を重んじる自由で伸びやかな校風

創立以来自由で伸び伸びした校風です。
勉強でも学校生活でも、強制はせず規則は最小限にとどめ、生徒が自分で判断して行動することを尊重しています。
自由な分、生徒には自ら求めていく自主性と、自分の行動に責任を持つ自律性が求められます。
そのため、灘出身の人は、自分で何とかする能力というのが人一倍強いと言われています。

(6)個性強い人でも居心地が良い

自由な校風ということからつながりますが、個性強めの人でも居心地の良い環境です。
たとえば、オタク系の人。むしろ尊敬されます。
やっぱり頭良い人というのは、ちょっと変わった人が多いのでしょうか。
学校内には変わった人が多い印象ですが、それを排除しようという考えがない学校ですので、むしろ個性が磨かれます。
入学するときには、ちょっと癖強めの変わった人が、卒業時には、超変わった人になっていたり、ちょっとオタクっぽい人が、超オタクになっていたりすることもあります。
長所が伸びる可能性が十分にある学校だと思います。

(7)制服がない私服登校

自由な校風ということから、制服がありません。
つまり、私服登校ということになります。

(8)県外からの生徒も多い

兵庫県と大阪府の生徒がだいたい6割ぐらいを占めますが、残りの4割は遠距離通学、もしくは下宿生活を送っています。
中には、北海道や九州など、遠くから受験して合格して、中学生にして、親元を離れて生活している人もいます。

(9)いつか役に立つ人脈ができる

優秀な生徒が多いだけに、先輩、同期、後輩に、すごい人が身の回りに沢山います。
友人が政治家、国家公務員、大学教授、医者、社長など、ふつうではお知り合いになれないような人と自然につながりができます。
この人脈は、たいへん心強いものになります。
中学生は、若さゆえに、考え方や価値観が固まっておらず、良くも悪くも関わっている相手に影響を受けやすいです。
そんなとき、周りにいる人たちが、優秀な生徒ばかりだと、良い影響を受けやすいと思います。

(10)土曜日に授業がない

一般的な中高一貫の学校は、土曜日に半日授業があり、週6日制がほとんどです。
しかし、灘は週5日制で、土曜日は休みです。
その代わり、月1ペースぐらいで、希望者を集めて、社会の第一線で活躍するOBを招いての土曜講座と呼ばれるものを行います。
ふつうの授業ではなく、普通の中学校・高校では教えないようなマニアックな内容ばかりです。
一例を紹介すると下記の通りです。
これにより、視野の広い人間形成が可能になります。

・盆栽入門
・お茶の見方・考え方 実践編
・和算 そのすばらしき世界Ⅱ
・新しい道路をつくると渋滞が悪化する?
・児童精神科医のお仕事 そのあやしい魅力について
・計算ソフトを用いた物体運動のシミレーション
・統計物理学入門
・テレビにおけるCG制作
・「ちょいダサ」のススメ

(11)文化祭の規模がハンパない

灘校文化祭といえば、訪れる一般客の人数が凄いことで有名です。
毎年、2日間で行われる文化祭の来客数は数万人になります。
中学受験を扱う塾にも、灘校文化祭の案内がきて、塾の先生がバスをチャーターして、塾生とその保護者を連れて行ったりもしています。
それだけ注目されるには訳があります。
とても中高生が主体的に行っているイベントとは思えないぐらいのクオリティだからです。
灘中学校志望の生徒は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(12)アクセスしやすい立地

3つの路線からアクセスできるため、遠いところからも通学しやすい立地です。

・JR 住吉駅から徒歩10分
・阪神 魚崎駅から徒歩10分
・阪急 岡本駅から徒歩25分

(13)クラブ活動も真剣に取り組んでいる

灘中学校ぐらい秀才が集まる学校ともなれば、クラブ活動はあまり活発ではないイメージがあるかもしれないが、意外と活発である。
クラブ活動の種類も豊富です。

<体育会系クラブ>
野球(硬式)
野球(軟式)
ソフトボール
サッカー
テニス(硬式)
ソフトテニス
ラグビー
バスケットボール
バレーボール
卓球
バドミントン
剣道
柔道
少林寺拳法
ワンダーフォーゲル
水泳
陸上

<文科系クラブ>
器楽
軽音楽
数学
物理
化学
地学
生物
美術
写真
書道
将棋
囲碁
パソコン
鉄道研究
グリー
ESS
地歴研究部
アマチュア無線研究部
文芸同好会
クイズ研究同好会
マジカル同好会
社会科学研究同好会
ディベート同好会
古典文化
レゴ同好会

タイトルとURLをコピーしました