東大寺学園中学校の偏差値と倍率推移

東大寺学園中学校_偏差値推移中学受験

東大寺学園は、毎年 東大・京大に多くの合格者を出す偏差値の高い名門校です。
高校生クイズなど、クイズ番組でも活躍がよく露出しているので、中学受験をしない人にも良く知られている学校です。
そんな東大寺学園の偏差値や倍率の情報を掲載した記事となります。

東大寺学園中学校の受験日程

入試科目4教科(国語・算数・理科・社会)
または
3教科(国語・算数・理科)の選択
 入試日程
(2023年の場合)
1 月16 日(月) 9:40入室

東大寺学園の受験日程の特徴は、関西の解禁日である土日には試験を行わず、その翌日の月曜日に行うことです。
さらに、多くの学校がA日程、B日程など、複数の受験日を設定して多くの受験生を集める戦略を取る中、東大寺学園は、試験日は1日のみで一発勝負です。

東大寺学園中学校の偏差値推移

日能研のR4偏差値表の偏差値推移をまとめました。
東大寺学園の10年以上高い偏差値をキープしており、2022年については、偏差値67でした。
まさに、関西の最難関私立中学と言ってよいでしょう。

関西最難関中学校の偏差値比較

東大寺学園のほか、関西の最難関私立中学として知られている灘中、甲陽学院、西大和学園、洛南高附属と偏差値比較をしてみました。
過去10年以上さかのぼっても、大差はないですが、東大寺学園は、関西私立中学のトップ灘中についで偏差値2位の座を取り続けていることが分かります。

東大寺学園中学校 実質倍率推移

東大寺学園中学校の実質倍率を過去からの実績でグラフ化してみました。
不思議なことに、これだけ長い期間見ていますが、実質倍率2~3倍の狭い範囲に全て納まっています。
安定した人気ということでしょうか。

高校募集停止で完全中高一貫へ

東大寺学園では、1クラス40名程度 高校で募集をしていました。
高1段階では、高校から入学した生徒は別クラスで対応し、高2からは中学校から入学した生徒と合同になります。
しかし、進度の早い授業を受けた東大寺学園生に追いつくのは、ものすごく大変で、生徒にも先生にも大きな負担となっていました。
2021年の入試から中学入試の募集人数が増員されており、2024年入試から東大寺では高校からの外部募集を停止することになりました。
これにより、東大寺学園も完全中高一貫となります。

タイトルとURLをコピーしました