灘中学の偏差値と倍率推移

灘中学_偏差値と倍率推移中学受験

関西の中学受験においては長年 偏差値トップなのはもちろん、東大と京大の合格者を多く輩出する学校として東の開成、西の灘と言われるほど、有名な学校です。
そんな灘中学校の偏差値と受験倍率の推移をまとめました。

灘中学校の受験は2日間

灘中学校の受験は、他と違い2日間拘束されます。
例年、関西のほとんどの私立中学の受験日となる解禁日の土曜日と、その翌日の日曜日に灘中学の入学試験が行われ、受験生は2日間試験を受ける必要があります。
1日目は国語・理科・算数で、2日目は算数・国語です。
そのため、併願校(滑り止め)の受験対策が難しく、偏差値が高くない生徒が受験することはなく、かなり厳しい試験となります。

全国から受験者が集まる

灘中学校の受験生は、兵庫や大阪の生徒だけではなく、東京、神奈川、九州や北海道からも集まってきます。 東京と受験日程が違うため、本番前の力試しの練習といった意味合いです。
さらに、塾としても灘中の合格実績が欲しいがために、わざわざ交通費を塾が出して受験を薦めてくるケースもあるようです。

ちなみに、東京の開成中学校は、例年、曜日に関係なく2月1日が受験日です。
灘中学の受験日は1月なので、日本でトップクラスの偏差値の生徒たちは、自身のステータスの為や、塾の合格実績の為に両方受験する人もいるようで、東京の人が灘中学を受験するのと同様、大阪や兵庫の人が開成中学を併願で受験する人もいるそうです。

灘中学の繰り上げ合格

全国から受験者が集まる都合上、辞退者が毎年多く発生し、繰り上げ合格は比較的多いようです。
募集人員180名に対して、辞退者を予測して25~30名上乗せの205~210名を合格とするケースが多いようです。 辞退者がその上乗せ分よりも多くなり合格者のうち入学希望者が180名未満となった場合、当初の合格最低点の次の点数から、同点グループ毎に校長先生がお電話をして入学の意思を確認し、180人台になるように調整するのだそうです。
灘の入学金(25万円)と施設費(25万円)を振り込んでおいて、東京の中学受験後に辞退する人もいるようで、繰り上げ合格の知らせが1か月後に届くケースもあるようです。

灘中学校の偏差値推移

灘中学校の偏差値推移をまとめました。
使用している偏差値は、日能研のR4偏差値です。
つまり、合格率80%の偏差値のことですので、合格者の多くは、ここまで偏差値が高くないです。
灘中学校は、10年以上、偏差値71-72で推移しています。

灘中学校の偏差値推移グラフ

関西の最難関中学 偏差値比較

ちなみに、関西で高い偏差値の中学校と灘中学の偏差値を比較してみました。
関西の最難関私立中学の中でも、灘中学が飛びぬけて偏差値が高いことが分かります。
灘中学の次に最難関なのは、偏差値でいえば、東大寺学園ということになります。

関西の最難関中学校の偏差値比較グラフ

灘中・開成中・筑駒中の偏差値比較

灘中学校と、開成中学、筑波大駒場中学の偏差値を比較してみました。
過去10年以上さかのぼっても、灘が開成と筑駒を超えて、偏差値が、全国単独1位になったことはないようです。

灘中学校と開成、筑駒との偏差値比較グラフ

灘中学 実質倍率の推移

灘中学校の実質倍率の推移グラフ
項目2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年2022年
募集人員180180180180180180180180
志願者数612656683735731775687652
欠席者数181716823133729
受験者数594639667727708762650623
合格者数228239242252262256227255
倍 率3.43.643.794.084.064.313.823.62
実質倍率2.612.672.762.882.72.982.862.44
入学者数183185185185184186181183

灘中学の実質倍率の過去推移を見てみると、だいたい2.5倍~3.0倍の間で推移しています。

タイトルとURLをコピーしました