【箕面の川遊びスポット】みのおキューズモールの「せせらぎ公園」で水遊び

せせらぎ公園(みのおキューズモール)に、川遊びしてきました箕面市

みのおキューズモールに行くと、すぐそばで流れる千里川川遊びをしている子供たちを見かけますよね。
一応、あの周辺は、「せせらぎ公園」という名称になっており、 川遊びを楽しむことができます。
箕面市で川遊びできる人気スポットでもあるので、先日、わが子を連れて遊びに行ってきたのでレポートします。

せせらぎ公園とは

せせらぎ公園の案内看板

みのおキューズモール(箕面市)にある千里川の川沿いにはベンチが多数設置されており、ゆっくり川沿いの木陰で休むことが出来るように整備されています。
そのベンチはちょうど木陰になっているので、川遊びを見守る親たちの絶好の休憩場所にもなっています。
川遊びをしないとしても、川沿いのベンチでゆっくりくつろぐのは、気持ち良いですね。

みのおキューズモールという名称ですが、昔はこの施設のことをヴィソラと呼んでいました。
私は、いまだに箕面ヴィソラと呼んでしまいます(笑)

川遊びできるポイント

川遊びできるマップ(ベンチ、幼児の遊び場所、深いところ)

上写真の浅くて幼児でも安心の場所というのが、15㎝程度しか水がないようにしてくれているエリアで、階段状のところを水が流れてきています。

幼児でも遊べる川遊びポイント

小さい子供が階段状のところを一生懸命登ります。

階段状のところを水が落ちてきています。
ここに座るだけでも気持ち良いです。

幼児の水遊びできるところ

いつも、この階段のところで、小さい子が一生懸命よちよち登っている姿を見かけます。
階段下の部分も、20㎝もないぐらいの浅さなので、ハイハイして水遊びをする幼児を見かけます。
幼児でも溺れることはないでしょう。
川遊びというより、水遊びですね。
1歳、2歳の幼児もたくさん水遊びを楽しんでいます。

小学生の川遊びポイント

小学生が遊ぶ深いエリア

ところどころに、深いところがあります。
幼児は注意が必要ですが、小学生ぐらいなら、これぐらい深いところの方が楽しめるでしょう。
大人がちゃんと見守ってあげましょう。
それほどきれいではないと思うので、個人的には、深いところをもぐる遊びまでは、おすすめしないです。

キューズステージ前

キューズステージ前の水路で遊ぶ

みのおキューズモールの「EASTエリア1F」 キューズステージ周辺に、水が流れている川があります。
夏は、ここで足をつけてじゃぶじゃぶ池のように遊ぶ子供がいます。
すぐ横に、階段状になっていて座れるので、親も見守りやすいですね。

川遊びのアイデア

川遊びって、何したらいいのか?
そう思う方のために、川遊びのアイデアを紹介します。

川に足をつけるだけでも気持ち良い

川に足をつけるだけでも気持ち良いね

単純に、川に足をつけるだけで気持ち良いです。
冷たい水に触れるだけで、脚の疲れが吹っ飛びます。
うちの子は、やる気満々で、くつは濡れてもいいようにサンダルを別で持ってきました。
中高生の友達同士で、足を川につけて、まるでカフェのように話をしているという人達もいます。

葉っぱで舟競争

私の舟がんばれ

うちの娘は、葉っぱを川に流して、競争するという舟競争が好きです。
お父さんと一緒に夢中で競争しています。
この遊びは、水の中に入らなくても遊べるので、どこに行っても川さえあれば楽しめます。

水中の虫捕り

タニシがいた

水中の石の裏とかにいる昆虫を探すのも楽しいです。
うちの娘は、タニシをたくさん見つけました。
他のこどもで、「魚がいたぁ!」って叫んでいるのも見かけたので、何かいるんでしょうね。
オニヤンマや見たことがないトンボも見かけました。
アメンボはたくさんいます。

せせらぎ公園での川遊びの注意事項

みのおキューズモールに買い物にきたついでに、川遊びに寄って行くという人も多いと思います。
そのため、子供を、川に遊ばせて、親はみのおキューズモールに買い物に行くという人もいるかもしれませんが、川で何があるかわかりませんので、親は子供の目を離さないように気を付けましょう。
川遊びに注意事項をまとめます。

  • 親は子供を見守ること
  • 着替えやタオルは持参すること
  • できれば濡れても良いサンダルを持参すること

せせらぎ公園 の基本事項

住所  大阪府箕面市西宿1丁目16
(みのおキューズモール内)

駐車場 みのおキューズモールの駐車場を利用

リンク 箕面観光協会HP(せせらぎ公園)

リンク みのおキューズモール

タイトルとURLをコピーしました