樫ノ木公園(千里中央)は幼児用の遊具がある遊び場|注意点も

樫の木公園トップ豊中市

千里中央から徒歩圏で幼児の子連れで遊び場を探しているのであれば、おすすめの公園があります。
その名も「樫ノ木公園(かしのきこうえん)」です。
遊具や公園内の様子をシェアしたいと思います。

公園の遊具

複合遊具

うんていや、ジャングルジムやすべり台などが、くっついた複合遊具です。
幼稚園児が楽しめそうですね。
この遊具の中に、恐竜や、恐竜の骨を描いた絵がどこかにあります。
うちの子は、それを誇らしげに「どこにあるか分かる?」と聞いてきました。
けっこう難しいですが、みなさんも一度探してみてください。

複合遊具2

もう1つ複合遊具があり、こちらの方が小さい子向けです。
幼稚園に入る前の未就学児でも楽しめる遊具です。

ブランコ

たいして特徴のない ふつうのブランコです。
でも、子供達には人気で、利用率は高めです。

この公園には、ブランコが2ヶ所に分散設置されており、こちらは、赤ちゃんでも安全にブランコが楽しめるタイプがあります。

シーソー

小型のシーソーです。
二人いれば楽しめますね。

スイング遊具

イモムシ型のスイング遊具です。

鉄棒

鉄棒が、3種類の高さで設置されています。
うちの子は、コウモリに、はまっています。

健康歩道

歩くと、足裏のツボを刺激して、健康に良いとされるものです。
竹を踏むのも気持ちよいです。
私と娘は、10周しましたよ。みなさんも試してみてね。

ぶら下がり健康器具

バーにつかまって足を上げれば、ぶら下がり健康器になります。
貼ってある説明書によると、目安は10秒間だそうです。

樫の木公園での注意点

遊具の裏に、この写真のように登っていけるところがあります。
けっこう急ですが、ここは、さほど危険はなく登っていけると思います。
娘は、鬼ごっこをしていて逃げるために、この難しい道を登っていきました。

そうすると、このようなちょっと開けたところに出てきます。
見晴らしもちょっといいです。
しかし、ここからが注意です。
さらに先に行くと、ちょっと崖っぽい感じになっています
小学生以上であれば、落ちてもたいしたことないと思いますが、幼児が気づかず足を踏み外して崖から転げ落ちたら大怪我しそうです。

トイレ

多目的トイレが1ヵ所のみですがありますので、安心です。
ただし、男女別のトイレは無く、多目的トイレ1つなので、たまたま利用が長い人がいると、利用を待つ人で混みあいます。
天井に天窓がついており、明るいトイレです。

運が良ければキッチンカーに出会える

この記事を書いている2021年7月現在では、毎週土曜日に、樫ノ木公園にキッチンカーが出店しています。 キッチンカーで買った美味しいお弁当やかき氷を公園で食べるのは美味しいですよ。

SHOP STOP」というスマホアプリで、出店場所ごとの出店予定店舗を調べることができます。
これを見れば、樫ノ木公園にいつキッチンカーが来るかわかります。
最近は、このキッチンカー目当ての子連れもいるので、公園自体も賑わっています。
毎週、出店するキッチンカーが違うので、毎週行っても飽きません。
私も2週間連続で、来ちゃいました。

アクセス

場所

住所豊中市新千里北町3丁目

公式サイト 樫ノ木公園ホームページ

駐車場

無料駐車場はありません。
そのため、近隣のコインパーキングを利用することになります。

一番近い駐車場は、「タイムパーキング 大阪府営豊中新千里東住宅」となります。

徒歩でのアクセス

千里中央駅から徒歩で来る場合、約15分ぐらいです。
子供の遊具があるのは、グーグルマップ上では、トイレがあるあたりです。

タイトルとURLをコピーしました